ナンパされた

2021年9月27日 14:56
こないだナンパされました。男性に。 サングラスをかけて、筋肉質で、首筋がセクシーなお兄さんでした。俺が友達と待ち合わせのために渋谷にいると、 「お兄さん、今暇?」 って声をかけてきた。すんごいイケメンだったのでびっくりした。 「暇じゃないです、友達待ってて…」 「そうなんだ。何時集合なの?」 友達は遅刻魔で、集合時間通りに来た試しがない。この日もとっくに集合時間を過ぎていた。 「じゃあ友達が来るまでどこかでお茶しようよ」 これは完全にナンパだ!と叫びそうになった。お兄さんの瞳の中にハートがあった。正直そっちのケは無いと思っていたけど、こんなかっこいいお兄さんにナンパされると嬉しくなって思わず身を委ねそうになる。 しかし幸か不幸か、そのタイミングで友達から「もうすぐ着く」というLINEが来る。 「ごめんなさい、もう友達が来るみたいで」 「そっか、残念。もしまた縁があったら!」 と、お兄さんはすぐどこかに行ってしまった。連絡先も渡してこないんだなぁ、と潔いのか諦めが早いのか。もしかして遊びのつもりで誘ったの!?という考えに至ったところで、すっかり心が乙女になっていることに気づいた。 実はそこそこの回数男性からナンパされたことがある。例えばその一例。深夜徘徊していた時(なぜしていたかは話が長くなるので割愛)土砂降りの雨が降ってきてびしょ濡れになった。そこらへんの店の前で雨宿りしているとおじさんが声をかけてきた。雨が止むまでお話しして、「君かっこいいね」とか「彼女いるの?」とか聞いてくる。「いやいないっすよ~」と返すと「世の女は見る目無いねぇ」と肩や背中から腰をさりげなく触ってくる。おや?と思っていたら雨が明けた。 帰り道おじさんが話の流れから「実は俺男もイけてね…」と言ってきたからビンゴビンゴビンゴ!!とひゃーっとなって角が立たないようにお断りして帰った。その日はドキドキして眠れなかった。 正直言ってゲイに偏見があるわけでもなく、同性愛者の友達がいるのでむしろ親しみすらあるのだが、一応二十年間くらいをストレートで生きてきた。彼女は一人だけ。しかも結構複雑に別れた。こないだ彼女が結婚してその結婚式にも行ってきたのでまたその回想の記事を書きたい。 僕はそこそこガタイがよく、しかも調子のんなと言われるかもしれないが悩める文学青年なので、そこらへんがもしかしたらゲイっぽく見られるのかもしれない。 そんなこんなで女の子とロクに好き同士になったことも無いのにいきなり男に行くのもどうなのか、とかも考えてしまった。めちゃくちゃカッコいいお兄さんだったからもしかしてあのまま押されていたら身を委ねていたかもしれない。すごいかっこよかったからアリだったかもしれない。 結局、誰かから好きだと思われる、愛されるというのに性別という括りはいらないのかもしれない。男だろうが女だろうが、恋に恋するのではなく、彼氏彼女というアクセサリーが欲しいわけでもなく、自分をちゃんと愛してくれるならその人が自分にとってのイイ人と言えるのかも。 でも恋愛が下手くそなので難しいなぁ。女の子にきい思い出がないのでもっと難しい。人と人が付き合うって難しい。いつか俺の恋愛が下手くそエピソードも記事にしよかな。お疲れさまでした。
63
9 comments
Post information
28 posts24 followers
Logo
13 new posts daily
9 comments
Male
一橋大学
すごい経験だったね!!
Male
立教大学
僕もストレートなのにゲイにもてます。 昔は偏見ありましたが、今は性別関係ないのかなって思うようになりました
Female
お茶の水女子大学
わたしも女の子が好きで女子大にいます。 多様性のある社会がいいよねw いい経験だね!
Male
東京大学
この前男友達も男性にナンパされたって言ってたなあ
Male
東京大学
B3こわ
Female
立教大学
恋愛の下手くそエビソード是非お願いしますwww
Female
早稲田大学
複数ナンパされるって才能ありますね(笑)
Female
慶応義塾大学
たしかに、好きって言われてた性別関係なくめっちゃ嬉しい
Male
慶応義塾大学
一度男と関係持ってみると良いかもよ、私はどちらもイケることに気付いた バイじゃなくてパンセクシャルだった