明治大学

映画特集 ホラー映画 ※ホラー苦手な人は閲覧注意

8月26日 02:35
8月も下旬になりましたね。ですがまだまだ暑い日が続きそうなのでここでホラー映画を見て涼しくなりましょう! というわけで映画特集として、ホラー映画についてまとめてみます!洋画、邦画の2種類に分けて作品紹介していきます!ホラー映画に関しては、怖さのほか、グロかったり、驚かされたりします。なのでそれを個人的な主観ですが評価してみました。あくまで個人的な主観であって、個人差が生じるものと思いますので悪しからず…。 ※最初から怖い作品を紹介していきます。 苦手な方はここから下は注意です! ━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─ ━─━ I 洋画編 1.原題:The Shining (邦題:シャイニング)1980年 怖さ: ★★★★☆ グロさ: ★★☆☆☆ びっくり要素: ★☆☆☆☆ 原作小説はスティーブン・キング。監督はスタンリー・キューブリック。ホラーと言ったらこれですね!この映画見ていて伝わってくる独特の不気味な感じがさらに怖さを引き立たせてきます。物語はコロラド州のとあるホテルが舞台。そこで冬の間ある一家が管理を任されるところから始まります。物語の後半からだんだん怖くなっていきます…。怖いと言っても、驚かせて恐怖を煽るような演出ではなく、じわじわと怖さを体感させていくので、驚かせる要素強めのホラー映画とは異なり、心理的に怖がらせてきます。ある意味印象に残る怖さです。 キューブリック監督はこだわりが強く、ドアを斧で破るシーンについては100テイク以上撮り直したそう…。俳優の精神を極限まで追い詰めて撮り直したので、リアリティのある演出となっています。 続編として、「ドクター・スリープ」(2019)があります。こちらもおススメです! なお、キューブリック監督作として、ホラーではありませんが名作と名高い「2001年宇宙の旅」(1968)があります。こちらは3時間と長編ですがおススメです! 2.原題:IT (邦題:イット/"それ"が見えたら終わり)(2017)  原題:IT chapter two (邦題:イット/THE END "それ"が見えたら終わり)(2019) 怖さ: ★★★☆☆ グロさ: ★★★☆☆ びっくり要素: ★★★★★ こちらもスティーブン・キング作品です。原作は1~4巻まであります。映像作品としては1991年の「IT 」ドラマバージョンがあり、リメイク版の方が迫力があります。ですが、ホラーというより驚かせてくる演出が強めの印象です。驚かせてくる系が苦手な方はご注意を…。 3. 原題:THE THING (邦題:遊星からの物体X)(1982) 怖さ: ★★★★★ グロさ: ★★★★★ びっくり要素: ★★★☆☆ ジョン・カーペンター監督作品。本作は1951年「遊星よりの物体X」をリメイク。 SFホラーといえばこの作品ですね。怖さとグロさマックスです。エイリアンの造形美が気持ち悪すぎる。また、音楽も怖い…。 (なお、序盤で犬が襲われるシーンがあります。動物が襲われるシーンが苦手な方にはオススメできません。) この作品の前日譚として、2011年に「遊星からの物体X ファーストコンタクト」が作られました。こちらの作品では、「遊星からの物体X」の最初のシーンになるまでに何があったのかを描いたもの。どちらから先に見ても楽しめるのでオススメです! ジョンカーペンター監督作品には、ハロウィンがあります。当監督は、一番目の作品のみ監督していますがその後シリーズ化し、12作品作られています。2022年全米公開予定の"Halloween Ends"が13作品目となる予定のようです。日本での公開は未定です。 4.原題:US(邦題:アス)(2019) 怖さ: ★★★☆☆ グロさ: ★★☆☆☆ びっくり要素: ★★☆☆☆ 怖さというより、不気味という印象をもつ作品です。面白さに関しては賛否両論あるようですが、主的にはオススメの一本です。ホラー映画の位置付けとなっていますが、そこまでホラーではないという印象です。ドッペルゲンガーのような人たちが襲ってくるそういうお話です。 この他、洋画ホラーでは、ヒッチコック作品等あります! Ⅱ 邦画編  1. リング(1998) 怖さ: ★★★★☆ グロさ: ★★★★☆ びっくり要素: ★★★☆☆ やはり、日本のホラーといえば貞子ですね。貞子シリーズとして、「らせん」(1998)、「リング2」(1999)、「リング0バースデイ」(2000)、「リング3D」(2012)、「リング3D2」(2013)、「貞子vs 伽椰子」(2016)、「貞子」(2019)、「貞子DX」(今年公開)の9作品です。 正直リングは日本独特のホラーっぽさがあってよかった印象ですが、その後の作品で徐々に驚かし要素が多くなってきてしまっているので、お薦めするのは一番最初のリングにしました! なお、ハリウッド版では、「ザ・リング」(2002)、「ザ・リング2」(2005)、「ザ・リング/リバース」(2017)があります。 その他、邦画のホラー映画として主に呪怨シリーズ、「着信アリ」(2003)、「犬鳴村」(2019)、「樹海村」(2021)がありますが、主がまだ見ていないので紹介できません。 いかがでしょうか!今回紹介したのは、古典的なホラー作品を集めてみました!驚かせて怖がらせるタイプのホラーではなく、じわじわとくる怖さのホラー映画を中心に選定してみました!他にもおすすめの作品等あったらコメントで教えてください!!
Like
30
7 comments
Post information