緊急事態宣言が終わる

9月21日 11:05
今月末で緊急事態宣言が終わることを検討しているらしい。なんだかんだ四月からずっと続いていた宣言が終わるので、「あーやっとか」という気持ちと「どうせまたすぐ出るだろ」という気持ちがないまぜになっています。 でも正直言って宣言中も出歩く人は出歩いてたし、宣言が終わっても宣言中の生活とあんまり変わらないだろうな、という感じがする。かく言う僕も友達と外に出たりバイトに行ったりしていたので宣言がだらだら延長していた時も「あれ、そうなの」と何も感じなくなっていた。 しかしそれでも宣言の威力というのは僕らの行動に影響を強く残している。学校が結局オンライン主体になったり、そのせいで大学の友達ななかなかできづらかったり。出会いもクソもありゃしない。学校じゃなくて塾じゃん、なんて悪態も吐きたくなるのは大目に見てほしいところ。特に感染を気にしている人とは、仲を深めるために遊びたくても遊べない。彼や彼女の言ってることは至極正しいから気にするなとも言えず、各々の意識レベルの違いがもどかしかった。 結局僕は文句を垂れる割に、何かしたか?何かを成し遂げたか?この期間を使って何か自分に残る事を、自分の糧になる事をやれたのか?長い長い夏休みのようだったのこ約半年間や、去年一年を振り返るのが怖い。やれたかやれなかったか。それは今後、何がしかの結果が示してくれるだろう。せめてポジティブなものであることを願っている。 僕の好きなアーティストであるamazarashiは、「令和二年」「曇天」という名作を完成させた。MOROHAは「主題歌」というコロナ禍でしかできない傑作を作り上げ、武道館に到達した。やっぱりすげえな、痺れた。MOROHAの武道館のチケットが無事取れたので、来年二月に思い切り殴られに行こうと思う。 緊急事態宣言は決して休憩期間ではなかった。準備期間でもない。まさに何かエネルギーをぶつけるべき瞬間というものは宣言だろうが普通の日常だろうが関係なく訪れる。 いつか未来でこの期間を振り返ってみたとき、「色々大変だったけど頑張ったよな」と笑えたらいいな、と思う
37
11 Comment
Post information
28 posts21 followers
Logo
There are 10 posts every day
11 comments
Female
中央大学
もはやいつから緊急事態宣言始まっていつ終わるのかとか全く把握してませんでした
Male
明治大学
緊急事態宣言終わったらまた感染者増えるんだろうなー
Male
東京大学
彼女できた
Female
立教大学
一応今月末までにしてたんだ、全然把握してなかった
B3 おめでとうございます
Female
明治大学
授業がオンラインかどうかでしか気にしてないです、もはや
Male
中央大学
最後の一言にマジで共感
Male
立教大学
次はいつになるんだろうって感じ
Male
立教大学
もはや僕はこのきかんあんま気にしてないですよ
Male
学習院大学
やっとのみ行けるわ
Female
慶応義塾大学
飲みいけたり旅行行けたりうれしいけどこれで良いのかなって気持ちはあるよね